これまでの主なの事業


はじめに
昭和63年、文字文化研究所発足以来、多くの事業を行ってきました。ここでは子ども、市民を対象にした事業を中心に掲載しました。

目次

1 全国での主な事業      2 海外での事業      3 その他の事業
3 福井県での事業(資料)

1 全国での事業

京都市
・ みやこ子ども土曜塾で「親子で学ぶ漢字講習会」などを延べ5回実施する。
・ 京都市、京都府後援で、「エッ漢字って不思議!」「親子で楽しく学 ぶ漢字」のテーマで延べ7回実施する。
・ 春日野小学校、南大内小学校、音羽小学校等で「親子の漢字学習」を実施する
・ 地域力アップ応援フェアで、パネル展示・漢字クイズ・印鑑づくりを通して古代文字を学ぶ取組を実施する。 
・ 教育委員会・研究会主催の教職員対象の講演会・研修会などを実施する。

 

 

 

 

 ○京都市土曜塾出店      ○京都市教員研修会     ○京都市立中学校での授業

京都府
・ 向日市・京田辺市・亀岡市・綾部市・大山崎町・南丹市・八幡市・城陽市・向日市・宇治市・舞鶴市福知山市などで、府民力再生推進プロジェクト参加事業として「親子で楽しい漢字を学んでもらう」などのテーマ で事業を実施する。
・ 府・市教育委員会主催の教職員対象の講演会・講習会・研修会などを実施する

 

 


 

   ○ 府プロジェクト事業 (親子での古代文字での印鑑づくり」の様子

山形県
・ 山形支所では文字文化に関する振興のための研究会及び講演会の活動を実施する

福井県
○ 本機構は、白川静理事長の出身地である福井県に対して、6年間にわたり、県・教育委員会との連携で延べ150回以上、子ども、親子、教員、市民対象に古代文字を通しての漢字教育に力を入れ、今の福井県の漢字教育の礎を築いてきました。(詳細は、4の福井県の資料を参照)
・ 県教育委員会主催で平成15年~21年の6年間、教員対象の研修会を延べ58回実施する。
・ 県教育委員会主催の一般対象の研修会を平成17~18年の2年間で45回実施する。。
・ 県教育委員会主催の「親子での漢字教室」などを平成17~19年の3年間で35回実施する。 









  ○ 各地での事業(学校での漢字教室、博物館を使っての授業、古代文字に関する展示会等)

愛知県
・ i愛知支所講習会として「白川文字学に学ぶ~」等のテーマで、平成17年以降、年5~7回実施する
・ 愛知博覧会でパネル展示会、講演会、講習会、漢字から学ぶ授業などの多くの取組を実施する。

滋賀県 山東町
・ 「親子で楽しく学ぶ漢字講習会」等を16、17年度の2年間で11回実施する。

東京都、栃木県、富山県、新潟県、山形県、石川県、滋賀県、奈良県、広島県、岡山県愛媛県、福岡県等
・ 地域の方、親子、教員を対象とした講演会、講習会、フォーラム等を数多く実施する。

2 海外での事業(別途記載。参照)
・ 中国の河南省博物院での講演会、瀋陽での日中文字文化検討会、「文字文化学術訪中団」(平成24年度末で 延べ21 回)等中国との文字文化にかかわる交流を平成7年から今日まで、永年わたって事業を展開する。

3 その他の事業(別途記載、参照
・ 『白川静文字講話』京都市・京都府後援等で延べ24回、国際会議場等で実施する。
・その他、シンポ ジ ューム・フォーラム等を多く実施する。
・ 京都の文化・芸術を現地で学ぶ「京都の伝統文化学術探訪シリーズ」(平成28年度末で、延べ58回) など 多岐にわたって事業等の展開をしている。
・ 書籍の出版,全形拓技法特別講習会、講師養成講座等、数多くの取り組みを進めてきている。










 

○白川静文字講話』機構主催で延べ24回     ○ 京都の伝統文化学術探訪会


4 福井県での事業(資料)

福井県における研修会・講習会

 福井県の取り組み(事業)は、機構として重点的に実施してきました。白川先生の強い要望に応え宇佐美公有氏が本機構の講師の皆さんを引き連れ、教員研修、一般市民、学校の子供たち、親子、対象の学習と数多く実施してきました。 
 今、福井県で、「白川文字学」を通して国語教育が盛んに進められている様子を見、取り組みの成果が実を結びつつあるのを実感しています。
 そこで、文字文化研究所の講師やスタッフの並々ならない努力の跡をたどってみました。公有氏の記録から平成16年から21年までの足跡をふりかえってみました。
 研修会等の実施回数等を挙げてみると、230回にもなります。

      福井県での講習・研修会等の回数
 福井県では、多くの事業を各地で実施。本機構多くの人材と労力で、貢献してきました。





























 

 

 


    18年度 実施内容例
 15年から21年まで、6年間多くの事業を実施ました。(下表は18年度の例示)この様に、福井県の漢字教育、国語教育に貢献してきました。)